本文へスキップ

森林遺伝育種学会は森林に係わる遺伝と育種に関する場を提供する団体であり、日本学術会議協力学術研究団体となっています。

お知らせnews


お知らせ 2021202020192018201720162015201420132012

森林遺伝育種学会 お知らせ 2021年

2021年5月01日

森林遺伝育種学会誌へのクリエイティブ・コモンズ表示 4.0 国際ライセンス(CC BY NC SA)の導入について

 2020年7月の森林遺伝育種学会理事会において、森林遺伝育種学会誌へのクリエイティブ・コモンズ表示 4.0 国際ライセンス(CC BY NC SA)の導入を決定いたしました。

 CCライセンスとは、インターネット時代における新しい著作権ルールで、作品を公開する作者が「この条件を守れば私の作品を自由に利用してかまいません」という意思表示をするためのツールです。森林遺伝育種学会誌が搭載されるJ-stageでも、CCライセンス導入が推奨されています。CCライセンスは、作者に著作権を保持したまま作品の自由な流通を可能にし、受け手にはライセンス条件の範囲内での再配布や 2 次利用を可能にするものです。「CC BY NC SA」ライセンスを表示することにより、著者のクレジット(氏名、タイトルなど)を表示し、かつ非営利目的に限り、また改変を行った際にはオリジナルと同じ組み合わせの CCライセンスで公開することを主な条件に、改変したり再配布したりすることができることになります。J-STAGE を利用したオンラインジャーナルとして森林遺伝育種学会に関する情報を発信し、CCライセンス表記により自由な利用を認めることは、本誌掲載論文の閲覧数・被引用数の向上を促し、それにより森林遺伝育種分野の発展に寄与することを目的としています。 CCライセンスはJ-stageページに表示することによって本誌1巻1号からこのライセンスを適用することになります。ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

2021年5月01日

森林遺伝育種 Vol.10 No.2 (2021年4月) を公開しました


2021年2月18日

森林遺伝育種 Vol.10 No.1 (2021年1月) を公開しました


第10回森林遺伝育種シンポジウム オンライン開催のお知らせ

     日時 : 2021年3月24日(水)9:30-12:30
     場所 : オンラインで開催(開催方法の詳細については決定次第別途お知らせします)
 

シンポジウムテーマ:「ヒノキの遺伝、育種と林業」

話題提供者

  1. ヒノキの生態と遺伝的変異
         松本麻子(森林総合研究所) 
  2. ヒノキの次世代育種集団の構築と特性評価
         三浦真弘(森林総合研究所林木育種センター関西育種場)
  3. ヒノキの無花粉育種に向けて
         齋藤央嗣(神奈川県自然環境保全センター)
  4. ヒノキ林業のこれまでとこれから
         川端康樹((株)海山林友/速水林業)

バナースペース

森林遺伝育種学会

〒319-1301
茨城県日立市十王町伊師3809-1
森林総合研究所林木育種センター内
森林遺伝育種学会
事務局会員窓口

メールアドレス