本文へスキップ

森林遺伝育種学会は森林に関わる遺伝と育種に関する場を提供する団体です。

森林遺伝育種学会 表彰規定Regulation

森林遺伝育種学会 表彰規定


第1 条 目的

森林遺伝育種学会は、次の区分により会員を表彰することができる。

  1. 森林遺伝育種学会賞(Japanese Society of Forest Genetics and Tree Breeding Award)
  2. 森林遺伝育種学会奨励賞(Japanese Society of Forest Genetics and Tree Breeding Young Investigator Award)

第2条 森林遺伝育種学会賞

森林遺伝育種学会賞は、本会会員であって、森林遺伝育種学の分野ですぐれた業績をあげた者に授与する。


第3条 森林遺伝育種学会奨励賞

  1. 森林遺伝育種学会奨励賞は、本会会員であって、森林遺伝育種学の分野ですぐれた研究を行い、将来の成果が期待される者に授与する。
  2. 前項の授賞の対象者は、推薦年度において、原則として40歳以下の者とする。

第4条 表彰委員会

  1. 森林遺伝育種学会は表彰委員会を設立して、森林遺伝育種学会賞および森林遺伝育種学会奨励賞の各授賞候補者の業績等の審査・選考を行う。
  2. 表彰委員会は、表彰担当理事を委員長とし、本会会員若干名をもって構成する。

第5条 推薦

本会会員は、森林遺伝育種学会賞および森林遺伝育種学会奨励賞の授賞に適すると思われる候補者を表彰委員会に推薦することができる。


第6条 決定

理事会は、表彰委員会からの報告に基づき、森林遺伝育種学会賞および森林遺伝育種学会奨励賞を決定する。


第7条 表彰

表彰は毎年、原則として大会で行う。


第8条 内規

表彰委員会は、本規定の定めのほか、その運営について別に定めることができる。


別紙様式(学会賞等推薦書)(IdenIkushuGakkaisho-BessiYoushiki.doc 31KB)


学会会則 運営内規会計規則 > 表彰規定 > 会長選内規会費減免規定


バナースペース

森林遺伝育種学会

〒113-8657
東京都文京区弥生1−1−1
東京大学
大学院農学生命科学研究科
附属演習林
教育研究センター内
森林遺伝育種学会
事務局会員窓口

メールアドレス