本文へスキップ

森林遺伝育種学会は森林に関わる遺伝と育種に関する場を提供する団体です。

森林遺伝育種学会 運営内規Operation byelaw

森林遺伝育種学会 運営内規


平成25年3月29日制定
平成26年8月02日改正

T.本会の円滑な運営のため次の委員会を設置する。

  1. 総務委員会 各種事業の企画、実行。会員管理。会計事務(会費の徴収、予算、決算、支出)を取り扱う。
  2. 編集委員会 会誌の編集、シンポジウム、研究発表会の具体的内容の検討を行う。
  3. 出版・広報委員会 会誌のHP への掲載と印刷出版、会員全体への各種連絡を取り扱う。

U.総務委員会に次の担当を置く。

  1. 企画・表彰担当 各種事業の企画および表彰事業の実行を担当。
  2. 庶務担当 関連団体との連絡・調整、会員向け広報のとりまとめ及び会員名簿の管理、会費の徴収、会計実務を担当。

V.出版・広報委員会に次の担当を置く。

  1. 出版担当 雑誌のホームページへの掲載及び製本して出版の実務を担当。
  2. ホームページ担当 ホームページの管理及び電子ジャーナル、各種通知文のホームページへの掲載を担当。

W.各委員会の委員長及び担当は本会の理事とする。


X.各委員会は討議すべき議事をメール開催にて審議することができる。

  1. 当該委員会の委員長は、メールにて担当委員に委員会の開催及び討議内容を連絡する。また、その討議に必要な資料ファイルをメールに添付する等して送信する。
  2. 討議に要する期間は、原則として7日以上の期間を設定する。
  3. 出席資格を有する過半数の同意を以て、討議内容が承認されたとみなす。  
  4. メールでの討議が期限を過ぎても活発な場合に、委員長が討議の状況をみて討議の延長あるいは打ち切りを判断することができる。

学会会則 > 運営内規 > 会計規則表彰規定会長選内規会費減免規定


バナースペース

森林遺伝育種学会

〒113-8657
東京都文京区弥生1−1−1
東京大学
大学院農学生命科学研究科
附属演習林
教育研究センター内
森林遺伝育種学会
事務局会員窓口

メールアドレス